能年玲奈はなぜ「のん」になったの?芸能界から干されたってホントなの?

能年玲奈はなぜ干されたのか

清純派女優として早くから活躍していた「能年玲奈」さん。

NHKの朝ドラでヒロインを演じた事で人気女優の仲間入りを果たします。

ですが、急にメディアで見る機会が激減し、気付いた時には芸名が「のん」になっていました。

今回は、能年玲奈さんの芸名がなぜ「のん」になったのか、その理由が「干された」という噂を調査してみました。

能年玲奈さんの簡単なプロフィール

能年玲奈さんは、1993年7月13日生まれ、兵庫県出身の女優です。
2006年に開催された第10回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得して4年間専属モデルとして活躍しました。
2013年には、NHK連続ドラマ小説「あまちゃん」のヒロインを演じ、翌2014年の主演映画「ホットロード」で第38回日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。
あまちゃんのヒロインである天野アキ役で注目を集め、第64回のNHK紅白歌合戦では紅白PR大使という大役も務めています。
当時の所属事務所や世間からは、今後の活躍が期待される女優さんの1人だったようです。

能年玲奈から「のん」になった理由は?干されたってホント?

あれだけ今後の活躍を期待されていた能年玲奈さんですが、実はあまちゃん以降映画2本と数本のCM出演だけでパッタリと見かける事がなくなりました。
言われてみれば、能年玲奈さんを見かけるようになったのは最近だなと気付いた人も多いのではないでしょうか?
なぜ、能年玲奈さんを見かける事がなくなったのか、その噂の真相が「当時の所属事務所との意見の対立によって干された」からだと噂されています。
NHKの朝ドラに出演した事で、人気・注目を集めていた能年玲奈さんには、数多くの作品から出演オファーが届いたと言われています。
ですが、当時の所属事務所がオファーを断っていたようです。

干された理由は「個人事務所」を設立したから?

所属事務所と意見が噛み合わなくなった事がきっかけになったのかは定かではありませんが、能年玲奈さんは事務所に秘密で個人事務所を設立しました。
この独断の独立騒動によって、能年玲奈さんが出演していたCM等が全て終了してしまう事に。
あれだけ人気があったのに、突然見かけなくなったら、誰でも干されたと考えてしまいますよね。
実際に2016年に芸名を「のん」に変更するまで、本当に能年玲奈さんをメディアで見る事はありませんでした。
「本名なのにわざわざ芸名を付けたのはなぜ?」というファンの声も当然ありました。
その理由は、所属していた事務所が関係していると言われています。
確かに、事務所からすると、せっかく人気の女優になってこれから稼いでもらうおう!と思ったのに独立されてしまうと面白くはありませんよね。
前事務所から「能年玲奈」の名前を使う許可が取れなかった事から、あだ名である「のん」を名乗る事にしたようです。

現在ののんさんの活躍は?

干された後の能年玲奈について

当時の所属事務所との関係の悪化により、独立する事を決意した能年玲奈さん。
芸能界を干された時期を乗り越えて、現在は「のん」として活動をしています。
活動再開直後は、あまり女優としてのお仕事がなかったようですが、年々オファーの数は増えているようです。
現在は、映画出演を中心に舞台や朗読といった様々なジャンルで活躍しています。

まとめ

能年玲奈さんがなぜ「のん」になったのか、なぜ干されたのかといった真相を調査しました。
干された理由と芸名を変更した理由のどちらも当時の所属事務所が関係している事がわかりました。
現在は、しがらみもなくなり、女優として自由に活動できるようになったのんさんのこれからの活躍に期待するファンも増えています。
のんさんの今後の活躍は要注目です。